CARマニアの集い|あなたの知らない車知識

マニア知識カテゴリ

車の売却には、しばしばローンが関わってきます。というのも人々は車を買う時に、ローンを用いている事がありますね。数百万円の買い物ですので、まとまった金額の捻出はちょっと難しい方もいらっしゃるでしょう。しかしローンでの分割払いであれば、支払いは問題ないという方も多数いらっしゃるのです。

 

ところが、人によってはそのローンの支払いが困難な場合があります。一度はローンを組んだものの、ちょっと支払いが難しくなるケースもあるでしょう。そのために車を手放す方もいらっしゃいます。

 

またローンの返済が完了していない段階で、車を売却する方もいらっしゃいますね。あと数年分の残額はあるものの、あえて車を売却するという方も多数いらっしゃいます。

 

ところで車を売るとなると、そのローンの残りが心配という方もいらっしゃるでしょう。買取業者で車の売却をすると、もちろん業者からは売却額が支払われます。その金額を、ローンの返済に充当するパターンもありますね。

 

その際に大きなポイントになるのが、ローンの金利です。数%の金利差は、返済を続ける上では意外と軽視できないポイントになります。ですので人々は、ローンの組み換えをしているケースもたまに有るのです。今までは金利10%前後のローンを用いていたものの、8%前後のローンに組み換えるといった具合です。

 

そのような時には、車の買い取り業者は新たなローン商品を紹介してくれる場合があります。つまり買い取り業者は、金融会社と提携しているケースがよくあります。買取業者の各会社の公式サイトを見ますと、会社概要の欄に金融会社の名前が記載されている事もよくあります。車買取業界と金融会社の間には、密接な関係がある訳ですね。

続きを読む≫ 2014/12/11 00:03:11

インターネットで一括査定を申し込むのが初めてという方は不安な事も沢山あるのではないでしょうか。インターネットで一括査定を申し込んだ場合ですと、買取業者さんから査定金額の書かれたメールが届くようになります。しかしそれだけで終わってはいけないでしょう。もっと、現実は厳しい物で、その現実的な買取価格を知りたいと思ったのならば、無料の訪問査定を依頼するのも良いでしょう。
bB 下取り

 

ただ、この無料の訪問査定なのですけれども、業者さんは、買取の契約を前提で来る事が多いので気を付けなければならないでしょう。それこそ、かなり強気で詰め寄って来るケースも多いので注意しなければならないです。もし、軽い気持ちでご依頼をされてしまった場合ですと、それから、相手の言われるがままになってしまって、自分では満足の出来無い金額で、買取を了承してしまうケースもありますので、注意をしなければなりません。

 

 

そこで、注意をしておかなければならない事として、例えば査定額、あるいは訪問査定での見積額というのは、最低金額というのを覚えておいた方が良いでしょう。つまり、最低でもこの金額ならば買取をしても良いという事なのです。業者さんの場合やはり、欲しい自動車ならば、少し譲歩しても良いという気持ちを持っている場合も多いのです。

 

だから、提示された金額が底値ときちんと認識して、交渉をすれば、価格というのはアップする可能性もあるというのは忘れてはならないのではないでしょうか。交渉というのは難しい物ですから、出来れば詳しい人に同席して貰うというのも良いかもしれませんね。

 

続きを読む≫ 2014/06/03 17:39:03

自動車の査定をして貰う時にきちんと用意しておかなければならない物があります。
どういった物かと言うと、それは、書類関係なのです。
この書類関係なのですが、実は、査定をして貰う時に、有ると無いとでは、その査定額が全然違って来ますので注意が必要なのです。
特に気を付けなければならない人としては、様々な自動車の書類関係を自動車の中に入れておらず、別に保管している方です。
査定をして貰う時には、きちんと持っていかなければならないでしょう。
ジムニー 買取

 

まず必要な物としては、定期点検整備記録簿と呼ばれる物があります。
これは、法定点検の内容が記録されている書類なのです。
それを見れば、その自動車が今までどんな整備をされて来たのかが分かるようになっています。

 

これはとても重要な書類なのです。
他にもこの書類には、重要な物が記録されています。
所有者は誰なのか、車体番号は何番なのか、ナンバーや点検整備日時、検査責任者の名前、検査時における総走行距離など、そういった記録が記載されているのです。

 

他にもオーナーの変更履歴なども書かれています。
つまり車の全ての状況を把握する為に、必要な書類になっているのです。
ですから査定をして貰う時にはとても必要になる物なのです。

 

続きを読む≫ 2014/04/28 11:58:28

車を買い換える際に下取りと買取がありますよね。
実際にどちらの方が得で、どちらの方が損なのでしょうか?

 

これは、一概には言えない部分があります。
下取りの場合は、販売業者との売買一体の交渉となります。
よって、交渉の幅が広がるため、上手くもっていけばお得になることもあります。
しかし、基本的には下取りの価格より買取の価格の方が高くなっていますので、車を買取ってくれる値段だけを見るのであれば、買取の方がお得になる可能性が高いと言えるでしょう。

 

しかし、この場合でも必ずしも下取りが損とは言えません。
それは、車が古い場合に買取でもあまり値段がつかないことがあります。
場合によっては買取ってもらえないケースもあります。

 

買取の場合は、販売して利益を出すために買取ますので、売れないものは買取できません。
下取りの場合は、売る云々ではなく買ってくれるお礼も兼ねていますので、高くはなくても値段がつきます。

 

車の下取りと買取はタイプが全く異なってきますので、各々のどちらに向いているかということも大きいですね。
下取りの場合はそれ程押していくタイプではない方がいいですし、買取の場合はどんどん押していくタイプの方が良いです。
全く異なる交渉で、損得だけではないと理解しておきましょう。

続きを読む≫ 2013/12/26 20:34:26

不景気が続くせいなのか、車に乗るということを見直す方が
増えてきましたね。
少し前ですと、車は10年で乗り換え、という風潮といいますか、
そのような考え方が多かったのですが、
ここ最近では、20万キロは乗りたい。なんて人が増えています。
確かに車って高いですからね〜。
長く乗れるに越したことはありません。

 

で、車を長く乗る秘訣ですが、乗り方、メンテナンスの2つに分けられます。

 

まず乗り方としては、

 

・暖機運転を心がける
・急発進しない
・急停車しない
・加速は自然に
・無理にふかさない

 

というのが挙げられます。

 

メンテナンスについて

 

一方メンテナンスとしては、
 
・ディーラーの定期点検を受ける
・車検費用も妥協しない
・オイル交換はしっかり定期的に

 

というのが挙げられます。

 

みなさん車を長く乗る。
といったらメンテナンスばかりに気を取られがちですが、
車の寿命なんて乗り方1つで変わってきます。

 

日ごろの乗り方が、車に負荷を与えているものですと、
やはりいくらメンテナンスしていても寿命は縮まりますし、
負荷を与えない乗り方をしていれば、多少メンテナンスをサボっていても、
長く乗り続けることができます。

 

どちらも大切ですが、やはりどちらかといいますと、
メンテナンスよりも、車の乗り方を意識したほうが長く車に乗り続けることができるでしょう。

続きを読む≫ 2013/10/31 22:24:31

新車を安く購入しようとする場合、2つの方法があります。
それは、

 

最大限値引きをしてもらうこと

 

今乗っている車を高く売ること

 

この2つになります。
ほとんどの方は、1つ目の「最大限値引きをしてもらうこと」に注力しがちになりますが、
実は、車購入にかかる費用の比率の割合は、7:3くらいで今乗っている車の売却額が、
大きな影響を与えるのです。

 

なぜなら値引きって実は予め価格が決まっているのです。
あなたが購入を検討する以前から、この車種の値引きは最大でこのくらい。
これよりも高く売ったら、差額をインセンティブに。
そんな感じで通達されています。

 

ですので、いくら値引き交渉を頑張ろうと、
限界額があるので、それ以上価格は下げられないということなんですね。

 

値引きは案外簡単?

 

そして車業界はノルマが厳しいですので、
この限界の値引き額、案外簡単に引き出すことができるのです。
インセティブをもらうよりも、ノルマを達成できなくて、店長に怒鳴られるほうが、
営業マンにとっては恐ろしいことですので、ノルマが厳しいディーラーなんかでは、
普通に限界の額を提示してくれます。

 

試しに何社かのディーラーにオプションなしでの見積もりを出してもらうといいでしょう。
どこも同じくらいの額になりますから。

 

しかし、車の査定額は買取業者によって違います。
やはり欲しい車種や探している車種があなたの車だと思いっきり高額の査定額を出してくれます。
しかも、そのように欲している車種って業者によって違いますので、
やはりこちらも何社かに査定をしてもらって見積もりを出してもらったほうがいいでしょう。

 

このように車を安く購入するにあたって、値引きばかりに注力する方が多いですので、
気をつけておくようにしましょう。

続きを読む≫ 2013/10/14 22:43:14
ホーム RSS購読 サイトマップ