CARマニアの集い|あなたの知らない車知識

自動車の査定で必要な定期点検整備記録簿

自動車の査定で必要な定期点検整備記録簿

自動車の査定をして貰う時にきちんと用意しておかなければならない物があります。
どういった物かと言うと、それは、書類関係なのです。
この書類関係なのですが、実は、査定をして貰う時に、有ると無いとでは、その査定額が全然違って来ますので注意が必要なのです。
特に気を付けなければならない人としては、様々な自動車の書類関係を自動車の中に入れておらず、別に保管している方です。
査定をして貰う時には、きちんと持っていかなければならないでしょう。
ジムニー 買取

 

まず必要な物としては、定期点検整備記録簿と呼ばれる物があります。
これは、法定点検の内容が記録されている書類なのです。
それを見れば、その自動車が今までどんな整備をされて来たのかが分かるようになっています。

 

これはとても重要な書類なのです。
他にもこの書類には、重要な物が記録されています。
所有者は誰なのか、車体番号は何番なのか、ナンバーや点検整備日時、検査責任者の名前、検査時における総走行距離など、そういった記録が記載されているのです。

 

他にもオーナーの変更履歴なども書かれています。
つまり車の全ての状況を把握する為に、必要な書類になっているのです。
ですから査定をして貰う時にはとても必要になる物なのです。

 

関連ページ

車を安く購入する2つの方法
CARマニアがみんなの知らない車知識をお届け
車を長く乗るためにしておきたいこと
CARマニアがみんなの知らない車知識をお届け
車の下取りって実際は損なのですか?
CARマニアがみんなの知らない車知識をお届け
ホーム RSS購読 サイトマップ